無関心と日常性の欠如

「—美的な感動を何も受けないような無関心の境地に達しなければいけません。レディ・メイドの選択は常に視覚的な無関心、そしてそれと同時に好悪をとわずあらゆる趣味の欠如に基づいています。」
– デュシャン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です