価値あるものへの服従

詩人はつねに、自己をより価値のあるものに服従させなくてならない。芸術の発達は不断の自己犠牲であり、不断の個性の消滅である。芸術とはこの脱個性化の過程にほかならない。
– 外山滋比古

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です