なぜ鏡はわれわれを降りていかせるのか。
そして、なぜそこは冥府であり、死者の場所であるのだろうか。降りる。それは、われわれのイマジネールにあっては、つねに根源へ、ある暗い根源的な不可能性へ向かう運動なのだ。鏡の表面の明るい輝きとの、このなんというアンビヴァレンツ。- 宮川淳

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です