鏡像

鏡の面に輝かしく映えた自らの姿のなかで、ひとは自らを、自ら自身を愛する。あるいは、憧れの「あの人」の姿のなかに自らを投影し、そのなかで自らを愛する。−『夜戦と永遠』佐々木中 より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です