突き刺すもの

ストゥディウムの場をかき乱しにやって来るこの第二の要素を、私はプンクトゥム(punctum)と呼ぶことにしたい。というのも、プンクトゥムとは、刺し傷、小さな穴、小さな斑点、小さな裂け目のことでもあり–しかもまた、骰子の一振りのことでもあるからだ。ある写真のプンクトゥムとは、その写真のうちにあって、私を突き刺す(ばかりか、私にあざをつけ、私の胸をしめつける)偶然なのである。

「私が名指すことができるものは、事実上、私を突き刺すことができない」
– ロラン・バルト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です