代替不能の責務

私以外の誰も私に代わって引き受けることのできないような責務を担うという仕方で、私の唯一無二性、私の同一性は基礎づけられる。
-エマニュエル・レヴィナス(『レヴィナスと愛の現象学』内田樹p145)

3件のコメント

  1. ピンバック: fred
  2. ピンバック: Matt
  3. ピンバック: claude

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です