〈他者〉

〈他者〉とは私に内包されることのできないものである。内在的であるがゆえに何ものによっても制限されることなき私の思考の拡がりがどれほどのものであろうとも、このことに変わりはない。つまり、〈他者〉とは思考しえないものなのだ。〈他者〉は無限者であり、無限者として承認される。
– エマニュエル・レヴィナス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です